卒業式の袴選びで先生がおしゃれに着こなすためのポイント

query_builder 2024/02/25 おしゃれ 卒業式
画像3510
季節は進み、卒業式シーズンが間近に迫ってきました。特に先生方の間では袴選びに頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。本記事では、袴の選び方やコーディネートのポイントについて詳しく解説いたします。
浅草着物レンタル結衣
ロゴ
お客様の好みや季節に応じて選べる多種多様な着物コレクション、熟練スタッフの手厚い着付けサポート、専門カメラマンによる撮影など、幅広いサービスを用意しています。初めての方でも浅草で安心して楽しめます。
浅草着物レンタル結衣
住所:

〒111-0032

東京都台東区浅草1丁目16−2

キャトル・シックビル2F

電話番号:
03-6802-7535

袴とは何か

まず第一に、袴とは何か理解しておくことが大切です。この節では袴について概説します。

袴の歴史

袴の歴史は古く、日本の伝統的な衣装の一つとして知られています。袴は主に男性が着用していたものですが、近年では女性も卒業式や成人式などの特別な場で袴を着ることが一般的となっています。

袴は室町時代から江戸時代にかけて広く普及しました。当時の袴は、武士や公家などの上流階級が身に着ける正装として重用されていました。特に卒業式では、若者が成人として大人の世界に進む節目の儀式として袴が使用されました。

袴の特徴的なデザインは、着物に比べて裾が広く、豪華な装飾が施されています。これは、卒業式や成人式などの祝いの場で華やかさを演出するために工夫されたものです。袴のデザインには、花や鳥、雲などのモチーフがよく使われ、和の美しさを引き立てています。

また、袴は女性用も存在します。女性用の袴は男性用と比べてさらに豪華で華やかなデザインが特徴です。卒業式では女性の袴が特に注目され、個性的な柄や色で卒業生の華やかさを引き立てます。

現代の袴は、伝統的なデザインを守りつつも、より現代風のアレンジが加えられています。例えば、袴の裾にフリルやレースを施したり、袴の柄に洋風のデザインを取り入れたりすることで、より個性的でおしゃれなスタイルが生まれています。

卒業式や成人式などの特別な場で袴を身に着けることは、日本の伝統と文化を守るだけでなく、その着用者にとっても心に残る思い出となるでしょう。袴は卒業式のシンボルとも言える存在であり、袴を通じて新たな一歩を踏み出す卒業生の勇気や成長を祝福するものとなっています。

袴の特徴

袴の特徴は、その独特な形状やデザインにあります。まず、袴は一般的な着物とは異なり、裾が広く広がる特徴があります。この裾の広がりは、袴を着ることで立体感と豪華さを演出し、装いを華やかにします。

袴のデザインには、さまざまなバリエーションがあります。特に女性用の袴は、男性用と比べてより華やかで柄のバリエーションも豊富です。花や鳥、雲などの伝統的な和のモチーフから、現代的で洗練されたデザインまで、多様な選択肢があります。

袴の生地も特徴的です。一般的には、豪華な正絹生地が使われます。特に卒業式などの特別な場では、高級感のある生地が求められます。また、最近では合成繊維を使用した袴も増えており、手入れが簡単で気軽に着られるという利点があります。

色に対しても袴は独特のこだわりがあります。一般的には黒や紺などの濃い色が用いられますが、明るい色やパステルカラーの袴も人気があります。特に女性の袴では、明るいカラーや花模様の柄が好まれます。

袴を着る際には、帯や小物とのコーディネートも重要です。袴のデザインに合わせた帯や草履などの小物を選ぶことで、全体のバランスを取ることができます。また、袴に合わせる髪型やメイクも、装いを引き立てる要素となります。

袴は、卒業式や成人式などの特別な行事で着用されることが多いですが、最近では他のイベントやパーティーなどでも袴を楽しむ人が増えています。袴は日本の美しい伝統的な装いでありながら、現代のスタイルにも合わせやすいアイテムです。

袴を選ぶ際には、自分の好みや体型、または着用するシーンに合ったデザインや色を選ぶことが大切です。袴を身に着けることで、特別な日の華やかな雰囲気を演出し、思い出深い体験をすることができるでしょう。

袴の選び方

次に、袴の選び方について解説いたします。ここでは、どういう基準で選べば良いのか、詳しく説明いたします。

袴のサイズ選び

袴を選ぶ際に、サイズ選びは非常に重要です。袴のサイズが合わないと、バランスが悪くなったり着心地が悪くなったりすることがあります。特に身長に合ったサイズを選ぶことがポイントです。

まず、袴のサイズ選びには身長が大きな影響を与えます。袴は基本的には身長に合わせて調整されるため、自分の身長に合ったサイズを選ぶことが重要です。身長が高くても低くても、バランスの取れた着こなしをするためには、適切なサイズを選ぶことが必要です。

また、袴は着物とセットで着ることが多いため、二尺袖の着物との相性も考慮する必要があります。袴と着物のバランスが取れるように、袴の丈や幅、裾の広がりなどを調整することが重要です。特に二尺袖の着物を着る場合には注意が必要で、袴との相性を考えてサイズを選ぶことが望ましいです。

袴のサイズを選ぶ際には、実際に試着をすることをおすすめします。袴は着物と同じく、体にフィットすることが大切です。試着することで、自分に合うサイズや着心地を確認することができます。また、購入前にサイズ表やアドバイスを確認することも重要です。

もしもオーダーメイドの袴を作る場合には、自分の身体のサイズを正確に測ることが必要です。身長だけでなく、ウエストやヒップなどのサイズも測定し、それに基づいて作られた袴を選ぶことで、より快適な着心地を実現することができます。

袴を着る際には、サイズ選びをしっかりと考慮して、自分に合った袴を選ぶことが大切です。サイズが合った袴を身に着けることで、より美しいシルエットや快適な着心地を実現し、卒業式や成人式などの特別な日を思い切り楽しむことができるでしょう。

袴のデザイン選び

袴のデザイン選びは、個人の好みや卒業式の雰囲気に合わせて行うことが重要です。自分が着る袴のデザインに満足し、自信を持って着ることができるように、以下のポイントを参考にしてみてください。

まず、袴は豊富なデザインがあります。伝統的な柄やモチーフから、現代的なデザインまで、さまざまな選択肢があります。自分の好みや個性に合わせて、華やかな柄やシンプルな柄、派手な色使いや上品な色使いなど、さまざまなデザインの袴がありますので、自分の好みに合ったものを選びましょう。

また、卒業式の雰囲気にも合わせて袴のデザインを選ぶことが重要です。卒業式は華やかなイベントであり、祝福の場でもあります。そのため、袴のデザインも華やかであり、卒業生としての気品や品格を表現することが望ましいです。一方で、学校の規定や式典の性格に合わせて控えめなデザインを選ぶこともあります。式典の趣旨や雰囲気に合わせて適切なデザインを選びましょう。

袴のデザイン選びにおいては、自分の体型や身長に合ったデザインも考慮する必要があります。身長が高い場合には、裾の広がりや柄のバランスが重要です。逆に身長が低い場合には、裾の広がりが控えめなデザインや上品な柄がおすすめです。自分の体型やプロポーションに合ったデザインを選ぶことで、より美しいシルエットを演出することができます。

袴を選ぶ際には、デザインだけでなく生地の質感も重要です。袴の素材や生地感によって、着心地や印象が異なるため、自分の好みに合った生地を選ぶことも大切です。また、季節に合わせて薄手の生地や暖かい生地を選ぶことも考慮してください。

袴のデザイン選びは、自分の好みや卒業式の雰囲気、体型に合わせて行うことが重要です。自分自身が満足し、自信を持って着ることができる袴を選ぶことで、卒業式などの特別な日をより一層特別なものにすることができます。

袴の着方とコーディネート

袴の着方とコーディネートについて分かりやすく説明いたします。

袴の着方

袴の着方は、独特なために初めて袴を着る方にとっては少し難しく感じるかもしれませんが、基本的な手順に従えば問題ありません。以下に袴の着方の基本ポイントを説明します。

まず、袴を着る際には下着や肌着にも気を配りましょう。袴は裾が広がるため、パンツやスカートなどがはみ出さないようにするためには、ショーツやスリップなどを使って身体のラインがすっきりと見えるようにすることが大切です。

次に、袴を腰に巻きつけて結ぶ作業です。袴を腰に巻く際には、後ろで結んでから前に巻く方法が一般的です。袴を腰にしっかりと巻きつけ、前で結び目を作ります。結び目の位置は、自分の身長や好みに合わせて調整しましょう。また、綺麗な結び目を作るためには、少し練習が必要かもしれません。

袴を結んだ後は、裾を広げる作業です。手で袴の裾を持ち、ゆっくりと広げていきましょう。袴の裾はしっかりと広がるようにすると、美しいシルエットを作ることができます。裾を広げる際には、他の人に手伝ってもらうこともできます。

最後に、袴のひも(帯紐)でウエスト部分を調整しましょう。袴のひもを腰部分に巻きつけ、しっかりと結びます。ひもの長さや締め具合は、自分の身体に合わせて調整し、快適な着心地を作りましょう。

袴の着方は最初は慣れないかもしれませんが、一度慣れれば簡単にできるようになります。何度か練習しておくことで、スムーズに袴を着ることができるでしょう。袴を着る際には、腰に巻く位置や締め具合、裾の広がりなどを調整することで、美しい姿勢やシルエットを作り出すことができます。

袴のコーディネート

袴のコーディネートは、袴を引き立てる他のアイテムとの組み合わせがポイントです。袴を着る際には、以下のアイテムやスタイリングの考え方を参考にしてみてください。

まず、袴と相性の良いアイテムとしては、着物や帯、小物などが挙げられます。袴のデザインや柄に合わせて、相性の良い着物を選びましょう。また、帯も袴との相性を考慮して選ぶことが大切です。袴の柄や色に合わせた帯を選ぶことで、全体のバランスを整えることができます。

小物としては、草履やバッグ、アクセサリーなどがあります。袴の装いを引き立てる小物を選びましょう。特に草履は袴との相性が良く、伝統的な雰囲気を演出することができます。また、バッグやアクセサリーは袴の色やデザインに合わせて選ぶことで、より一層華やかさを引き立てることができます。

袴を身に着ける際のスタイリングにおいては、髪型やメイクも重要な要素です。袴の独特な雰囲気に合わせて、上品なアップスタイルや和髪などを選ぶことで、より一層和の雰囲気を引き出すことができます。また、メイクも袴に合わせて上品かつ華やかに仕上げることがポイントです。目元や口紅のカラーを袴の柄や色に合わせることで、統一感のあるメイクになります。

袴のコーディネートにおいては、全体のバランスを意識することも大切です。袴は裾が広がるために身長を高く見せる効果がありますが、バランスよく着こなすためには身体の比率を考慮する必要があります。例えば、身長が高い人は袴の裾が広がりすぎないデザインを選ぶなど、バランス感覚を取り入れましょう。

袴のコーディネートは自分自身の個性や好みに合わせて工夫することができます。袴を着る際には、袴との相性を考えつつ、着物や帯、小物などの組み合わせやスタイリングを工夫することで、自分なりのオリジナルなコーディネートを楽しむことができるでしょう。

貸衣装としての袴

袴を購入するのではなく、貸衣装として利用する場合の選び方やポイントについて解説いたします。

袴のレンタルサービス

袴を購入するのではなく、卒業式や成人式などの特別な日に貸衣装として利用する場合、袴のレンタルサービスを活用することが便利です。

袴のレンタルサービスでは、多くの種類やデザインの袴を取り揃えています。自分の好みやシーンに合わせて、豊富なバリエーションから選ぶことができます。また、サイズも幅広く取り揃えられており、自分の身長や体形に合った袴を選ぶことができます。

レンタルサービスでは、袴だけでなく、袴に合わせた着物や帯、小物などもセットで借りることができます。これにより、一式揃ったコーディネートを手軽に手に入れることができます。自分で袴や着物を用意する手間や費用を省くことができます。

袴のレンタルでは、それぞれのサービスによって貸出期間や返却方法が異なる場合があります。早めに予約をすることで、自分の希望する日にちに袴を借りられる確率が高まります。また、レンタル料金や返却時のクリーニング料金なども事前に確認することで、予算の管理がしやすくなります。

レンタルサービスでは、袴の他にもアドバイスやサポートが受けられることもあります。袴の着方やコーディネートの相談に乗ってもらったり、試着や調整のサポートがある場合もあります。初めて袴を着る方や迷っている方にとっては、安心感や信頼性があります。

袴のレンタルサービスを利用することで、手軽に特別な日にふさわしい袴を着ることができます。自分自身で袴を用意する手間や費用をかけずに、美しい袴を身に着けることができます。また、着用後のクリーニングや保管の手間も省くことができます。袴のレンタルサービスを通じて、より一層特別な日を思い切り楽しむことができるでしょう。

貸衣装の選び方

貸衣装を選ぶ際には、以下のポイントを考慮することで、自分に合った袴を見つけることができます。

まず重要なのは、自分の好みやイメージに合ったデザインを選ぶことです。貸衣装サービスでは、袴のデザインや柄のバリエーションが豊富です。自分の好みや希望する雰囲気に合わせて、華やかな柄やシンプルな柄、派手な色使いや上品な色使いなど、自分が思い描く袴を選ぶことができます。

次に、身長や体型に合ったサイズを選ぶことが重要です。貸衣装サービスでは、袴のサイズが幅広く揃っている場合があります。自分の身長や体型に合ったサイズを選びましょう。試着をすることで、自分に合うサイズを確認することができます。

また、貸衣装サービスの利点の一つは、セットで借りられるアイテムの充実していることです。袴だけでなく、着物や帯、小物なども一緒に借りることができます。自分でコーディネートする手間を省き、一式揃った袴姿を手軽に手に入れることができます。その際、着物や帯のデザインや色合いを袴と調和させることで、全体のバランスを取ることができます。

また、レンタルサービスの詳細な利用条件や価格にも注意しましょう。貸衣装のレンタル期間や返却時のクリーニング料金などを事前に確認することが重要です。また、予約の取り方やキャンセルポリシーも把握しておくことで、トラブルを避けることができます。

最後に、身に着ける特別な日の雰囲気や場所に合わせて、袴のデザインや色合いを選ぶことも大切です。卒業式や成人式などのシーンにふさわしい袴を選ぶことで、より印象的な姿を演出することができます。袴を身に着ける特別な日を思い切り楽しむためにも、自分に合った貸衣装を選ぶことが重要です。

卒業式での袴の着こなし方

ここでは卒業式での袴の着こなし方について解説いたします。立派な先生として卒業生の前に立つためのポイントを学びましょう。

卒業式での結び方

卒業式では、袴の結び方も特別なポイントとなります。袴の結び方によって、印象や雰囲気が変わるため、正しい方法で結ぶことが重要です。以下に、卒業式での袴の結び方の基本的な手順をご紹介します。

まず、袴の結び方は基本的に後ろで結ぶ方法が一般的です。袴の裾にはアンダーコートを入れ、裾を広げて美しいシルエットを作ります。身体にぴったりと巻きつけ、ウエストの位置でひもを結びましょう。

袴のひもの結び方はいくつかありますが、よく使われる方法は「ひも結び」と呼ばれる方法です。ひもを三つ編みにし、後ろで丸く結びます。結び目がむき出しにならないように、アンダーコートや帯で隠しましょう。また、ひもの長さや締め具合は自分の身体に合わせて微調整することも重要です。

袴の結び方には練習が必要ですので、事前に何度か練習しておくことをオススメします。練習を重ねることで、スムーズに結ぶことができるようになります。

また、袴の結び方には地域や学校によって異なるルールがある場合があります。卒業式に参加する前に、学校や主催者からの指示やアドバイスを確認しましょう。特に学生や保護者の方は、学校の指導をしっかりと受け、指示に従うことが大切です。

袴を結ぶ際には、正しい結び方と美しいシルエットを作るために、慎重に行いましょう。袴の結び方がきちんとできると、卒業式の場での自信と品格を保つことができます。周囲からの評価も高まり、忘れられない卒業式の思い出となることでしょう。


浅草着物レンタル結衣ではプロの着付け師が、袴のコーディネイトから着付け、ヘアセットまでトータルで、サポートいたします。

早朝サービスも可能ですので、ぜひご利用ください。

卒業式での着こなし方

卒業式では、袴を着る際の着こなし方も重要です。袴を美しく着こなすためには、以下のポイントに注意しましょう。

まず、袴の着用時には姿勢を正しく保つことが大切です。背筋を伸ばし、肩を開いて立ちましょう。袴は広がる裾や豪華なデザインが特徴的ですので、立体感のあるシルエットをキープするためにも、美しい姿勢を意識しましょう。

次に、袴と共に着る着物や帯、小物との調和も重要です。袴のデザインや柄に合わせて、着物や帯の色や柄を選びましょう。統一感のあるコーディネートを心掛けることで、全体のバランスを取ることができます。また、小物も袴の雰囲気に合わせて選び、全体の華やかさを引き立てることが大切です。

袴を着る際には、髪型やメイクも考慮しましょう。袴の着こなしに合わせて、上品で華やかなヘアスタイルを選ぶことがおすすめです。また、メイクも袴の雰囲気に合わせて上品で控えめに仕上げましょう。自分自身の魅力を引き立てるようなメイクを心掛けましょう。

卒業式では特別な日に着る袴ですので、自信を持って堂々と着こなすことが大切です。自分自身を高めるためにも、袴を身に着けることで気持ちも引き締まりますよ。堂々とした姿勢と美しい着こなしで、卒業生としての品格や成長を周囲にアピールしましょう。

卒業式での着こなし方においては、袴を中心に他のアイテムやスタイリングとの調和を意識することが大切です。袴を美しく着こなすことで、卒業式の特別な日をより一層輝かせることができます。自信と品格を持ち、心に残る卒業式の思い出を作ることができるでしょう。

袴のメンテナンス

袴を長持ちさせるためには、適切なメンテナンスが必要です。ここではそのポイントを紹介します。

袴の洗濯

卒業式後の袴の洗濯方法を知っておくことは、袴を長く美しく保つために重要です。袴はデリケートな生地が使われているため、正しい洗濯方法を守ることが必要です。以下に袴の洗濯についての基本的な方法をご紹介します。

まず、袴を洗う際には、必ず洗濯表示を確認しましょう。洗濯表示には、洗濯方法や使用できる洗剤の種類、水温などが記載されています。袴によって洗濯方法が異なる場合もありますので、洗濯表示をよく読みましょう。

袴は基本的に手洗いが推奨されています。洗面器や浴槽でぬるま湯を用意し、中性洗剤を適量入れてよく溶かします。袴を優しく押し洗いし、汚れをしっかり落とします。洗濯の際は、他の衣類と一緒に洗わないようにしましょう。

洗い終わったら、十分にすすいで余分な洗剤を取り除きます。絞らずに、タオルなどで水気を取るようにしてください。袴は形を崩す恐れがあるため、あまり力を入れずに取り扱いましょう。

次に、袴を乾かす際には日陰干しがおすすめです。直射日光に当てると色あせや変色の原因になりますので、陰干しを心がけましょう。また、袴は裾が広がるため、干す際に形を整えるようにすると、シワが残りにくくなります。

最後に、保管時の注意点も忘れずに確認しましょう。袴を保管する際は、湿気の少ない場所や風通しの良いところに保管することが大切です。また、虫食い対策として、干菖蒲や防虫剤などを一緒に保管すると良いでしょう。

袴を長く美しく保つためには、洗濯方法や保管方法に注意することが重要です。正しい洗濯方法を守り、丁寧な取り扱いを心掛けることで、一着の袴を大切に使い続けることができます。

袴の保管法

袴を長く綺麗に保つためには、適切な保管方法を守ることが重要です。袴を保管する際には以下のポイントに注意しましょう。

まず、袴を保管する前に清潔にすることが大切です。着用後の袴は、しっかりと乾かし、汚れがあれば軽くブラッシングや埃を払うなど、清潔な状態にすることが必要です。これにより、袴のしみや匂いが残ることを防ぐことができます。

袴を保管する際は、湿気の少ない場所を選びましょう。湿度の高い場所では、シミやカビの原因となります。また、日光や直射日光の当たる場所も避けましょう。日光に当たることで色あせや変色が生じる可能性がありますので、風通しの良い場所で保管することが望ましいです。

袴を保管する際には、畳むかた折りたたむかは袴の素材やデザインによって異なります。素材によっては畳んで保管することができますが、袴の広がりや装飾がある場合には折りたたむのは避けましょう。その場合は、アンダーコートを入れて袴を丸める方法がおすすめです。アンダーコートがあることで、袴の形を保護しながら保管することができます。

保管時には、虫食い対策も忘れずに行いましょう。虫食いを防ぐため、袴の保管場所には干菖蒲や防虫剤を使用しましょう。特に長期保管の場合は、虫害から袴を守るためにも対策を取ることが大切です。

袴を保管する際には、定期的なお手入れも忘れずに行いましょう。保管場所をきれいに保ち、たまには袴を取り出して通気させることも推奨されます。大切な袴を美しく保つために、丁寧な保管と定期的なお手入れを行いましょう。

袴は貴重なアイテムであり、卒業式などの特別な日に身に着けるものです。適切な保管方法を守って袴を長く綺麗に保つことで、次回もクリーンで快適な着用が可能となります。

まとめ

ここまで袴の選び方から着方、メンテナンスについて詳しく解説してきました。最後によくある質問についての回答をします。

よくある質問1: 袴の選び方

よくある質問1: 袴の選び方

袴の選び方についてよくある質問をご紹介します。

Q: 袴のサイズ選びにはどうしたら良いですか?
A: 袴のサイズ選びには身長や体型に注目しましょう。自身の身長に合わせたサイズを選ぶことでバランスの良い着こなしを実現できます。試着してサイズを確認することをおすすめします。

Q: 袴のデザインはどのように選べば良いですか?
A: 袴のデザインは個人の好みや卒業式の雰囲気に合わせて選びましょう。華やかな柄やシンプルな柄、派手な色使いや上品な色使いなど、さまざまなデザインがあります。自分自身が心から楽しめるデザインを選んでください。

Q: 袴の値段はどのくらいですか?
A: 袴の値段は素材やデザインによって異なります。一般的な袴の価格帯は数万円から数十万円程度です。また、レンタルサービスを利用する場合は、レンタル料金やクリーニング料金などを含めた総額が重要ですので、事前に確認しましょう。

袴の選び方は個人の好みや体型によって異なります。自分自身が心地よく着ることができ、特別な日をより一層輝かせる袴を選ぶために、試着やアドバイスの活用をおすすめします。

よくある質問2: 袴の手入れ

よくある質問2: 袴の手入れ

袴の手入れについてよくある質問にお答えします。

Q: 袴は自宅で洗濯できますか?
A: 袴はデリケートな生地が使われているため、一般的には手洗いをおすすめします。洗濯表示を確認し、中性洗剤を使用して優しく洗いましょう。また、乾燥方法やアイロンの使用にも注意が必要です。

Q: 袴のシワを伸ばすことはできますか?
A: 袴のシワを伸ばす際は、軽く蒸気を当てることでシワを取ることができます。ただし、アイロンや高温の湯気に直接あてると袴の生地にダメージを与える可能性があるので、注意が必要です。くれぐれもシワを伸ばす際には慎重に行いましょう。

Q: 袴はクリーニングに出すべきですか?
A: 袴はデリケートな生地や装飾があるため、専門のクリーニング店に依頼することをおすすめします。クリーニング業者が袴の特性を理解し、適切な洗浄方法と仕上げを行ってくれます。

袴の手入れには慎重さが必要です。袴を長く美しく保つためには、洗濯やシワ伸ばし、保管時の注意などを守ることが重要です。自分で手入れが難しい場合は、専門のクリーニング店に相談することも一つの方法です。袴を大切に扱い、特別な日に輝く袴を保つことができるでしょう。


着物レンタル店でのレンタルならメンテナンスフリーでご利用できるのでお勧めです。

最後に

この記事で袴の選び方から着こなし方、メンテナンスまで学んでいただきましたが、何よりも大切なのが自分が着て楽しいと感じることです。

自分らしさを大切に

自分らしさを大切にすることは、袴を着る際にも重要です。袴を選ぶ際には自分の好みや個性に合ったデザインを選び、着こなし方やコーディネートにも自分らしさを取り入れましょう。自分自身が楽しんで袴を着ることで、自信と輝きを引き出すことができます。卒業式や成人式などの特別な日に袴を着ることは、一生に一度の経験です。自分らしさを大切にし、自分が心から満足できる袴を身に着けることで、特別な日をより一層特別なものにすることができるでしょう。

卒業式を楽しむ

卒業式は一生に一度の特別な日ですので、楽しむことを忘れずに過ごしましょう。袴を着ることで特別な気持ちを味わい、自分が成長し、学んだことを喜びましょう。式典に参加するだけでなく、同級生や先生との交流や思い出づくりにも積極的に参加しましょう。卒業式は感動や喜びの場でもありますので、笑顔で迎え、心に残る素晴らしい経験として捉えましょう。袴をまとい、自信を持って立つことで、卒業生としての誇りを感じることができるでしょう。卒業式を思い切り楽しんで、新たな人生へと踏み出しましょう。



当店は浅草駅、各路線から5分以内。下記エリアへのアクセス抜群。格安で人気の着物取り揃えています。

墨田区、台東区、上野、銀座、スカイツリー。卒業式袴、成人式振袖、七五三、訪問着、留袖等各種お着物お取り扱いしております。スタジオ撮影、ロケーション撮影は当店在籍プロカメラマンにご相談ください。



浅草着物レンタル結衣
ロゴ
お客様の好みや季節に応じて選べる多種多様な着物コレクション、熟練スタッフの手厚い着付けサポート、専門カメラマンによる撮影など、幅広いサービスを用意しています。初めての方でも浅草で安心して楽しめます。
浅草着物レンタル結衣

〒111-0032

東京都台東区浅草1丁目16−2

キャトル・シックビル2F