袴レンタル安い!卒業式にぴったりの選び方とポイントを解説

query_builder 2024/02/13 安い 卒業式
画像3189
袴のレンタルをお考えの皆さんに、予算を抑えつつも良質な袴を選ぶためのポイントをご紹介します。教員の方、小学生の子供たち、女性の皆さんにもピッタリの袴の選び方について詳しく解説します。
浅草着物レンタル結衣
ロゴ
お客様の好みや季節に応じて選べる多種多様な着物コレクション、熟練スタッフの手厚い着付けサポート、専門カメラマンによる撮影など、幅広いサービスを用意しています。初めての方でも浅草で安心して楽しめます。
浅草着物レンタル結衣
住所:

〒111-0032

東京都台東区浅草1丁目16−2

キャトル・シックビル2F

電話番号:
03-6802-7535

袴レンタルの基本

袴をレンタルする際の基本的なポイントを説明します。初めてレンタルする方も安心してください。

袴とは?

袴とは、日本の伝統的な衣装の一つです。卒業式や成人式などの特別な式典で着用されることが多く、格式の高さや格式のある場面での着用が求められます。袴は、男性・女性問わず、幅広い年齢層に愛されています。

袴は、着物を基にしたものであり、その特徴的なデザインは一目でわかるものとなっています。通常、着物に比べて袴の裾は広く、身丈もやや長めに作られています。また、袴のウエスト部分にはひもや帯が付いており、身体にフィットするように調節することができます。

袴は、歴史的・文化的な価値があり、日本の伝統を感じられる貴重な衣装と言えます。そのため、特別な行事や祝いの場での着用が一般的ですが、最近ではレンタルサービスも増え、手軽に袴を楽しむことができるようになりました。

袴の特徴や魅力を知ることで、袴レンタルの選び方や着こなし方にも役立ちます。袴は日本の伝統を継承しながらも、現代風のデザインやカラーバリエーションも豊富です。自分に合った袴を選び、おしゃれで華やかな卒業式や成人式を迎えられることを楽しみにしましょう。

レンタルのメリット

袴をレンタルすることには、いくつかのメリットがあります。まず一つ目のメリットは、その価格の安さです。袴は一度きりの特別な場での着用が多いため、購入すると高額になってしまうことがあります。しかし、レンタルならば手頃な価格で袴を借りることができます。予算を抑えつつも、良質な袴を選ぶことができるのです。

次に、レンタルのメリットとして挙げられるのは、手続きの簡便さです。袴を購入する場合、サイズの確認や試着、お手入れなど、多くの手続きや管理が必要です。しかし、レンタルならば、店舗に行って袴を選び、レンタル手続きを済ませるだけでOKです。手間や時間をかけずに、簡単に袴を手に入れることができます。

また、レンタルならば、トレンドや季節に合わせた最新の袴を選ぶことも可能です。袴はデザインや柄、色使いなど、多くのバリエーションがあります。レンタルならば、その時々の流行に合わせた袴をチョイスすることができます。自分のスタイルや好みに合わせた袴を選ぶことで、よりおしゃれな印象を演出することができるでしょう。

以上のように、袴のレンタルには価格の安さや手続きの簡便さ、最新のデザインにアクセスできるというメリットがあります。自分に合った袴をレンタルして、特別な日を華やかに彩りましょう。

予算を抑えた袴レンタルのコツ

ここで、袴レンタルを安くするための具体的な方法について紹介します。

期間限定のクーポンを利用する

袴をレンタルする際、予算を抑えるためには期間限定のクーポンを活用することがおすすめです。多くのレンタル店舗では、特定の期間に限定した割引クーポンを提供しています。これを利用することで、通常よりも格安で袴を借りることができます。

まずは、クーポンの情報収集から始めましょう。レンタル店舗の公式ウェブサイトやSNS、クーポンサイトなどで、袴レンタルに関するクーポン情報を探しましょう。一時的に開催されるセールやキャンペーンの情報も重要ですので、定期的にチェックしましょう。

クーポンを見つけたら、利用方法や期限などについて詳細を確認しましょう。クーポンにはさまざまな種類があります。一部のクーポンは、特定の袴アイテムやセットプランに限定して使用できるものもあります。自分が借りたい袴に対してクーポンが利用できるか確認してみましょう。

さらに、クーポンを活用するためには予約が必要な場合もあります。特に繁忙期や人気の袴アイテムの場合、予約が殺到することも考えられますので、早めに予約手続きをすることをおすすめします。予約時にクーポンコードやクーポンの提示方法について確認し、スムーズな手続きを心掛けましょう。

クーポンを利用することで、通常よりもお得に袴をレンタルすることが可能です。しかし、クーポン利用には注意点もあります。例えば、クーポンの併用や他の割引との併用ができない場合もありますので、利用条件や利用規約をよく読んで確認しましょう。

予算を抑えながらも素敵な袴を手に入れるために、期間限定のクーポンを上手に活用しましょう。お得な情報を探し、予約や利用の手続きをしっかりと行うことで、安価に袴をレンタルすることができます。袴を自分らしく楽しむために、クーポンを上手に利用してみてください。

フルセットを借りる

袴を安くレンタルするためのコツとして、フルセットを借りることが挙げられます。フルセットとは、袴だけでなく、着物や小物一式がセットになっているレンタルプランのことです。個別にアイテムを借りるよりもお得な価格設定となっていることが多く、コストを削減することができます。

フルセットを借りることのメリットは、まず一つ目に統一感のあるスタイリングが実現できることです。着物や小物がセットになっているため、一貫したデザインや色合いで統一されたスタイルを演出することができます。卒業式などのイベントでは、統一感のあるスタイリングがより華やかさを引き立てる効果があります。

次に、フルセットを借りることで手続きがスムーズになるという利点もあります。着物や小物を個別にレンタルする場合、各アイテムのサイズやデザインの選択、手続きなどが別々になります。しかし、フルセットを借りれば、一括して手続きが完了するため、煩わしい手続きを省くことができます。

また、フルセットのレンタルは、個別にレンタルするよりも費用を抑えることができます。一式をセットで借りるため、通常よりもお得な価格となっていることが多いです。袴だけでなく、着物や小物も一緒に借りることで、総合的なコストパフォーマンスが向上します。

ただし、フルセットを借りる際には注意点もあります。まず、サイズの確認が重要です。各アイテムのサイズが合うか、試着や確認をすることが必要です。また、フルセットのレンタルプランに含まれているアイテムのデザインや色合いにも注目しましょう。自分の好みやイメージに合致しているか確認し、満足度の高いコーディネートを選びましょう。

予算を抑えながらも、統一感のあるスタイルを実現するためには、フルセットを借りることが効果的です。着物や小物も含めた一式のレンタルによって、華やかな卒業式や成人式を演出しましょう。フルセットのレンタルプランを選ぶことで、手続きもスムーズに行えるため、より快適に袴を楽しむことができます。

小学生向け袴の選び方

次に、小学生向けの袴の選び方について解説します。

サイズを確認する

袴をレンタルする際に重要なポイントの一つが、サイズの確認です。袴は身長やウエストサイズに合わせて作られており、自分にピッタリ合ったサイズを選ぶことが大切です。

まずは、身長に合ったサイズを選びましょう。袴は裾が広がるため、身長にあった丈の袴を選ぶことがおすすめです。身長が高い方の場合は、長めの袴がより華やかに見えますし、身長が低い方の場合は、短めの袴がよりバランス良く見えます。自分の身長に合わせたサイズ選びをすることで、着こなしにメリハリやバランスを与えることができます。

次に、ウエストサイズの確認も重要です。袴のウエストにはひもや帯が付いており、調整することができますが、できるだけ自分のウエストサイズに近い袴を選ぶことが望ましいです。身体にフィットするような袴を選ぶことで、快適な着心地を実現することができます。

また、サイズ選びの際にはレンタル店やウェブサイトのサイズチャートを確認しましょう。各店舗やブランドによってサイズの基準が異なる場合がありますので、自分の実際の体型と比較して適切なサイズを選びましょう。

サイズの確認は、袴をレンタルする上で必要不可欠なステップです。自分に合ったサイズを選ぶことで、着用時の快適さや美しいシルエットを実現することができます。しっかりとサイズを確認し、満足のいく袴を借りるために、最初のステップとしてサイズ選びに時間をかけてください。

デザインを選ぶ

袴を選ぶ際には、デザインも重要な要素となります。華やかな場にふさわしいデザインの袴を選ぶことで、より一層の魅力を引き出すことができます。

まずは、袴の柄や色合いを考えましょう。袴にはさまざまな柄や色合いがあります。伝統的な柄やモダンな柄、花柄や格子柄など、自分の好みやイメージに合わせたデザインを選ぶことができます。例えば、明るい色合いやカラフルな柄の袴は、子供たちや若い世代に人気があります。一方で、落ち着いた色合いやシンプルな柄の袴は、大人っぽい雰囲気を演出することができます。

また、袴のデザインには特徴的な要素があります。袴の裾の形や模様、帯や飾り紐のデザインなど、細かい箇所までチェックしましょう。自分の好みやイメージに合ったデザインを選ぶことで、より個性的な印象を与えることができます。

さらに、自分の体型やスタイルに合わせたデザインも考慮しましょう。例えば、華やかなデザインや柄の袴は、華奢な体型の方によく似合います。一方で、シンプルなデザインやストレートなラインの袴は、しっかりとした体型の方にも似合うでしょう。自分の体型をより美しく見せるデザインを選ぶことで、自信を持って袴を着ることができます。

袴のデザインを選ぶ際には、自分の好みやイメージ、体型に合ったデザインを重視しましょう。特別な日なので、自分が一番輝ける袴を選ぶことが大切です。自信を持っていつもとは違う袴姿で輝くことで、卒業式や成人式などの特別な日をより特別なものにすることができます。

女性向け袴の選び方

女性向けの袴の選び方についても解説します。

レトロ感のある着物を選ぶ

女性向けの袴を選ぶ際には、レトロ感のある着物を選ぶことがオススメです。レトロな着物は、古き良き日本の風情を感じさせるデザインや柄が特徴であり、大人の女性にとっても魅力的な選択肢となります。

レトロな着物を選ぶことで、袴の装いに独特の風合いや趣が生まれます。古来の柄やデザインを取り入れた着物は、豪華で重厚感があり、特別な日の装いに相応しいと言えます。特に、レトロな袴には、刺繍や金彩、縁起の良い柄などがしばしば使われています。これらの要素が、袴全体の雰囲気を引き立て、より一層華やかさを醸し出してくれます。

また、レトロな着物には、古き良き日本の風俗や文化に対する憧れや思い入れを感じることができます。袴を着ること自体が日本の伝統に触れる機会ですが、レトロ感のある着物を選ぶことで、より深い日本文化への理解や愛着を深めることができます。

レトロな着物は、大人の女性にとっても落ち着いた雰囲気や上品さを演出するアイテムです。袴と合わせることで、より大人っぽい雰囲気や風格を醸し出すことができます。特に、和装ファッションや伝統的なイベントでの着こなしに適しています。

レトロ感のある着物を選ぶことで、袴姿がより一層魅力的に映えます。古き良き日本の雰囲気や伝統を感じながら、特別な日の装いを楽しみましょう。自分のスタイルや好みに合ったレトロな着物を選ぶことで、卒業式や成人式などの場で特別な存在感を放つことができます。

サイズや着心地を確認する

袴を選ぶ際には、サイズや着心地の確認も重要です。特に女性向けの袴を選ぶ場合、自分の体型に合ったサイズを選ぶことで、快適な着用感を実現することができます。

まずは、正確なサイズの確認が必要です。袴は身長やウエストサイズに合わせて作られており、自分の体型に合ったサイズを選ぶことが重要です。特に女性の場合、ウエストやヒップ、裾の長さなど、デザインやシルエットに影響を与える部分に注目しましょう。試着やサイズチャートを参考にしながら、自分の体型に合ったサイズを選ぶことをおすすめします。

また、着心地も忘れずに確認しましょう。袴は式典やイベントなど、長時間着用することが多いため、快適な着心地が求められます。素材や製品の質感、加工の有無などによっても、着心地は異なります。肌に優しい素材や伸縮性のある素材を選ぶことで、動きやすさや通気性も考慮することができます。

さらに、着物や袴のデザインによっても着心地が異なることがあります。たとえば、生地の柔らかさや厚み、裾の広がり具合など、好みや快適な着用感に影響を与えます。自分の体型や好みに合わせた着心地を重視し、試着や質問を通じて確認することをおすすめします。

サイズや着心地の確認は、袴を楽しむ上で欠かせないステップです。自分に合ったサイズと快適な着心地を選ぶことで、一日中快適に過ごすことができます。特別な日の装いは、外見だけでなく内面からも自信を与えます。自分に合ったサイズと着心地の袴を選び、自信を持って特別な日を楽しんでください。

教員向け袴の選び方

最後に、教員の皆さん向けの袴の選び方を紹介します。

落ち着いた色合いの袴を選ぶ

教員の皆さん向けの袴を選ぶ際には、落ち着いた色合いの袴を選ぶことがおすすめです。袴の色合いは、その人の雰囲気や印象を左右する重要な要素です。特に教員としてのイメージを考える上では、落ち着いた色合いが適しています。

一般的には、黒や紺などの濃い色合いが落ち着いた雰囲気を醸し出します。これらの色合いは、品格や厳かさを演出することができます。また、グレーやネイビーなどの中間色も落ち着いた印象を与えます。こうした色合いは、教育者としての信頼性や専門性を引き立てる効果があります。

一方、鮮やかな明るい色や派手な柄の袴は、教員としてのイメージには向かない場合があります。特に保護者や生徒たちの前で着用する場合、品位や控えめさが求められます。そのため、品のある、落ち着きのある色合いの袴を選ぶことで、信頼性や専門性をアピールすることができます。

また、袴の色合いを選ぶ際には、その場の雰囲気やテーマにも配慮しましょう。例えば、卒業式や成人式などの式典では、場の雰囲気やカラースキームに合わせた袴を選ぶことが望ましいです。こうした配慮は、統一感を生み出し、より華やかな雰囲気を演出することができます。

教員としての袴の選び方には、落ち着いた色合いを重視することが大切です。品位や専門性を引き立て、信頼性を高めることができます。また、場の雰囲気に合わせた袴の選択も忘れずに行いましょう。自身の教育者としてのイメージを考えながら、落ち着いた色合いの袴を選び、自信を持って式典に臨んでください。

快適性を優先する

教員の皆さん向けの袴を選ぶ際には、快適性を優先することも重要です。特に卒業式や成人式などの長時間着用するイベントでは、快適さが着用者の集中力や体調に直結してきます。

まず、素材の選択が快適性を左右します。袴はさまざまな素材で作られており、それぞれの特徴や快適さが異なります。軽やかで通気性の良い素材を選ぶことで、ムレや熱さを軽減することができます。特に夏場の式典では、風通しの良い素材を選ぶことが快適さを保つポイントです。

また、袴の縫製やデザインも快適性に影響を与えます。袴のサイズやシルエット、ウエスト部分のフィット感など、体に密着しすぎずゆとりのある作りが好ましいです。動きやすさや着心地の良さを考慮して、試着や確認を行いましょう。特に教員としての立場では、長時間立ちっぱなしや移動が多いことも想定されるため、動きやすく、ストレスを感じないデザインを選ぶことが大切です。

アクセサリーも快適性に影響を与えます。帯や飾り紐は、締め付けがなく、自由な動きができるものを選ぶことが望ましいです。身体の動きに合わせて柔らかく伸縮性のある素材が使用されているか確認しましょう。

教員の皆さんは、式典やイベントの主催者として、多くの動きや責任を担います。そのような立場だからこそ、快適な袴を選ぶことが重要です。快適な着用感を得ることで、集中力や体調の維持につながり、自信を持って業務に取り組むことができます。着心地や素材の快適性を重視し、式典をよりスムーズで快適なものにするために、袴の選び方に時間を割いてください。

袴の正しい着方

袴の正しい着方について説明します。

着物の着方

袴を着る前に、まずは着物の着方を正しく学ぶことが大切です。袴は着物と一緒に着用することが多いため、着物の着方を理解することで、袴姿をより美しく魅力的に演出することができます。

まずは、着物の基本的な着方を把握しましょう。まずは着物を体に沿うように正確に着ます。右前に重ねて袖を通し、次に左前を重ねて腰紐で固定します。背中で袖を合わせ、帯を締めていきます。最後に裾を調整し、衿元や帯の位置などを整えます。着物の着方は、正確な手順を守ることが美しい着姿を作るポイントとなります。

また、着物のたたみ方や帯結びにも注意が必要です。着物をたたむ際は、シワやむらのないように丁寧に行うことが大切です。帯結びは、シンプルな結び方から華やかな結び方までさまざまなバリエーションがあります。自分のイメージや希望に合わせて帯を結ぶことで、個性的な着こなしを楽しむことができます。

着物の着方や帯結びにはコツやポイントがありますので、動画や書籍などを参考に練習することをおすすめします。また、レンタル店や着付け教室などでプロの指導を受けることも効果的です。正しい着方を習得することで、袴姿がより一層美しく引き立ち、特別な日の装いを演出することができます。

袴を着る前に、着物の着方をしっかりと学びましょう。正確な着方や帯結びをマスターすることで、袴姿がより華やかに輝きます。時間をかけて基本を学び、自信を持って着物を着ることで、卒業式や成人式などの特別な日を最大限に楽しむことができます。

袴の着方

袴の着方には、独特のポイントや工夫があります。袴は着物とは異なるデザインや裾の広がりがあるため、正しい着方をしっかりと把握することが重要です。

まずは、袴の着付けに使用する帯や帯揚げ、帯締めなどの小物を用意しましょう。袴を身に着ける前に、まず帯を締めます。帯はしっかりと締めることで、袴がしっかりと固定され、ずれにくくなります。次に、袴を丈の長い方から前に折り返します。袴のウエストに付いているひもや帯で、腰部分にしっかりと結びます。

袴の裾を広げる際には、裾に付いている紐をまきつけながら、美しい広がりを作ります。裾のバランスや形を整えるために、内部にタックを取ることもあります。袴を正しく着用するためには、シワやたるみがないように丁寧に扱いましょう。

特に袴のウエスト部分の結び方は、しっかりと固定する必要があります。緩めに結ぶと、袴がずれてしまい、着用中に煩わしさを感じることになります。しっかりと結び、適切な締め具合を確保しましょう。

最後に、着物の裾と袴の裾を合わせることも忘れずに行いましょう。この際に、しっかりと結びで留めることで、袴と着物が一体化し、美しいシルエットを作り出すことができます。

袴の着方には、着物とは異なる要素や手順があります。正しい着方を学び、袴を美しく着用することで、より華やかな印象を与えることができます。動画や着付け教室での指導を受けることで、実際の場面でスムーズに着用することができるようになります。袴の着方に慣れて、特別な日の装いを最高のものにしましょう。

袴のお手入れ方法

袴のお手入れ方法を紹介します。

レンタルした袴の取り扱い方

袴をレンタルした後の取り扱い方も大切です。レンタルした袴は、他の方にも貸し出されるため、注意が必要です。正しい取り扱いをすることで、袴を美しい状態で返却することができます。

まず、袴を身に着ける前には、着物や小物を丁寧に取り扱いましょう。無理な力を加えたり、引っ張ったりしないように注意しましょう。また、汚れやシワが付かないように、取り扱う際には清潔な状態で行うことが重要です。

着用後は、袴を脱いだ後の保管にも注意が必要です。直接床に置かずに、清潔な場所に丁寧に畳んで保管しましょう。袴はデリケートな素材やデザインが使われているため、傷つけないように十分に注意しましょう。

汚れた場合には、できるだけ早く対処しましょう。レンタル店によっては、汚れに対する指示や対処方法がある場合がありますので、事前に確認しておくことも大切です。借りた人の責任で袴を取り扱うため、万が一の汚れやダメージにはしっかりと対応することが求められます。

取り扱い方には注意点もありますので、レンタル店のルールや指示に従いましょう。帰りの返却の際には、袴が清潔で整った状態で返すようにしましょう。レンタルした袴は、次の借り手にも気持ちよく使ってもらえるよう、丁寧にお取り扱いください。

袴を借りる際には、取り扱い方や注意事項をしっかりと把握しましょう。自分の責任で袴を取り扱うことを意識し、美しい状態で返却することが大切です。袴は特別な日のために借りるものですので、他の方にも喜んで借りてもらえるような状態で返却することを心がけましょう。

汚れた場合の対処方法

万が一、袴を汚してしまった場合の対処方法も知っておきましょう。汚れに応じた適切な対処をすることで、袴を綺麗な状態で返却することができます。

まずは、汚れの種類によって対処法が異なることを覚えておきましょう。例えば、食べ物や飲み物のシミには、早めに水で軽く洗い落とすと効果的です。ただし、洗濯機や洗剤を使わずに手洗いする場合、優しく押し洗いをし、摩擦や激しい揉み洗いは避けるようにしましょう。

また、油性の汚れやアクセサリーなどによる引っ掛けなどのダメージも注意が必要です。油性の汚れには、吸収材(ティッシュやトイレットペーパーなど)を当てて軽く押さえると油を吸収しやすくなります。引っ掛けによるダメージは、できるだけ他の箇所から引っ掛けることなく解除しましょう。引っ掛けた箇所が切れたり傷ついたりしないように、慎重に対処しましょう。

ただし、自己処理が難しい場合や頑固な汚れの場合には、レンタル店に相談することをおすすめします。レンタル店は袴の専門店ですので、経験と知識を持っており、適切な処理方法をアドバイスしてくれるでしょう。

袴を汚してしまった場合は、汚れの種類や程度に応じて適切な対処法を選びましょう。自己処理が難しい場合にはレンタル店への相談も検討しましょう。返却時には、汚れのない綺麗な状態で返し、次の借り手にも喜んで借りてもらえるような袴を返却しましょう。

まとめ

この記事では、袴のレンタルについて紹介しました。

安い袴レンタルの選び方

安い袴レンタルを選ぶ際のポイントをご紹介します。まずは予算の設定をしましょう。自分の予算に合わせて袴レンタルの価格帯を確認し、予算内での選択肢を絞りましょう。

次に、価格だけでなく品質やサービスも重視しましょう。安い袴レンタルを選ぶ場合でも、品質やデザインに妥協はできません。口コミや評判をチェックし、信頼のおけるレンタル店を選びましょう。

また、期間限定のクーポンやセールを活用することもおすすめです。レンタル店舗では特定の期間に限定した割引クーポンやセールを実施していることがあります。予算に合わせて、割引を利用するなど、お得な価格で袴をレンタルすることができます。

さらに、フルセットやプランの選択も予算を抑えるポイントです。フルセットの場合、袴だけでなく着物や小物もセットになっており、個別にレンタルするよりもお得な価格設定となっています。プランの内容や利用条件を確認し、予算に合ったプランを選びましょう。

最後に、予約時期やキャンセルポリシーにも注目しましょう。人気のある袴や繁忙期は、予約が殺到することがあります。予約時期やキャンセルポリシーを事前に確認し、予約がスムーズに行えるようにしましょう。

安い袴レンタルの選び方は、予算の設定や品質・サービスのバランス、クーポンやセールの活用、フルセットやプランの選択、予約時期やキャンセルポリシーの確認などが重要です。自分に合った条件で予算を抑えつつ、良質な袴を選びましょう。忘れられない卒業式や成人式を迎えるために、予算面でも満足できる袴レンタルを選びましょう。

袴の正しい扱い方

袴をレンタルした後の正しい扱い方も大切です。袴は貴重な衣装であり、他の方にも貸し出されるため、丁寧に取り扱うことが求められます。

まず、着用前後の保管に気を付けましょう。袴を着る前は清潔な場所に保管し、しわや汚れを防ぎましょう。着用後も、直ちに汚れやシワを確認し、適切な手入れを行いましょう。

また、帯や小物類も正しく取り扱うことが重要です。帯や帯締めなどは、正しい結び方や使い方を覚えておきましょう。引っ掛けに注意したり、帯や小物を紛失しないようにしましょう。

さらに、汚れがついた場合には素早く対処しましょう。指示された方法に従って汚れを落とすか、レンタル店に相談しましょう。自己処理が難しい場合には、専門のクリーニング業者に相談することをおすすめします。

最後に、返却時には袴の状態を確認しましょう。汚れやダメージがある場合には、レンタル店に報告し、指示に従って対処しましょう。袴を綺麗な状態で返却することは、次の借り手にも気持ちよく袴を利用してもらうために大切です。

袴のレンタル後の扱い方には注意が必要です。袴を大切に扱い、正しく保管し、汚れやダメージがある場合には適切な対処をしましょう。レンタル店の指示に従いながら、袴を美しい状態で返却しましょう。袴を丁寧に扱うことで、袴の魅力を最大限に引き出し、特別な日の装いをより素晴らしいものにしましょう。

浅草着物レンタル結衣
ロゴ
お客様の好みや季節に応じて選べる多種多様な着物コレクション、熟練スタッフの手厚い着付けサポート、専門カメラマンによる撮影など、幅広いサービスを用意しています。初めての方でも浅草で安心して楽しめます。
浅草着物レンタル結衣

〒111-0032

東京都台東区浅草1丁目16−2

キャトル・シックビル2F